こんなにあるトイレのリフォーム事例!理想のトイレを手に入れよう!

毎日使う所だからこそ、リフォームしてこだわりのトイレにしたい!という人もいるのではないでしょうか。
ここではそんな人に向けた実際のトイレのリフォーム例などをご紹介します。どんなトイレにしようか悩んでいる方はぜひとも参考になさってください。

タンクレスで室内広々、見た目もスッキリ!

今、トイレのリフォームで注目を集めているのがタンクレストイレです。従来型のトイレには洗浄水を貯めておくためのタンクが付いていることが殆どですが、タンクレストイレは給水管から直接洗浄水を取り込み洗浄するという仕組みを取り、タンクを無くすことに成功しました。
タンクが無いため見た目にもスッキリしていますし、タンクの場所を取らないためトイレが広く使える、タンク掃除をしなくても良いなどのメリットがあります。
タンクレストイレへのリフォームは、工事自体はそこまで高額ではないのですが、タンクレストイレ自体が高価な場合が多いです。
タンクレストイレ自体の相場は安い物でも10万円程度、高いものになると20万円弱することもあります。工事費と合わせるとおおよそ30万円程度になると見ておいた方が良いでしょう。

トイレを自分好みの空間へ!システムトイレという選択肢!

現在のトイレの雰囲気をガラリと変えたいという人にはシステムトイレがお勧めです。システムトイレとは、従来型のトイレのリフォームの際行っていた、配管の移動などの工事を行わず、今ある配管を使って便器や手洗いの給排水を行うようにします。
そしてその配管を隠す部分をキャビネットや収納として使用することにより、大規模な工事を行うことなくリフォームすることが出来るトイレの事です。
そのキャビネットなどのデザインはカタログの中などから自由に選べるので、自分のイメージ通りのトイレにリフォームすることが出来ます。システムトイレにリフォームする際の相場は、キャビネットのみを付ける場合は安い所で25万円程度、標準的には30万円強のところが多いようです。
さらにこれに手洗いボウルを設置するタイプだとプラス10万円ほどかかります。

日々の水道代を節約!節水型トイレとは!

近年では、トイレの洗浄に使用する水の量を節約できる節水トイレというタイプのトイレもあります。
従来型のトイレは、洗浄の際大の方をひねると約13リットルの水が流れていましたが、最新型の節水トイレにはおよそ3分の1の水量で洗浄出来るトイレもあります。この仕組みはメーカーにより細かい違いはありますが、少ない水量で洗浄出来るように渦巻状に洗浄したりと、水の流し方を工夫して節水を実現しているところが多いです。
他にもトイレ排水を循環利用するタイプの物などがあります。節水トイレにリフォームする際の費用は、およそ15万円~35万円といった価格帯が平均的です。
節水トイレにリフォームすることにより節約できる水道代は、機種や地域などにより異なりますが、年間で約1万5千円ほどの節水効果が見込めるようです。

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る