窓交換は利点ばかり?リフォーム費用を抑えることも可能!

窓は割れたりひびが入ったりしない限り、滅多にリフォームしない箇所と言えます。しかし、冷暖房の効き目が悪い、結露が気になるといった悩みがあれば、断熱効果の高い窓にリフォームするのも一つの方法です。
窓のリフォームをする際は幾らくらいかかるのか、価格の相場をまとめてみました。

窓を丸ごと交換する場合

窓の丸ごと交換工事は、既存のサッシを撤去して新しいものに入れ替える「はつり工法」と、既存サッシに新規サッシを被せる「カバー工法」があります。はつり工法は壁にダメージを与えるため、補修工事費が発生します。ですから、多くの人が選択するのはカバー工法です。しかし、カバー工法では従来より窓が小さくなる点に注意が必要です。

カバー工法でのリフォームにかかる費用は、窓面積3.5平方メートル程度で20~30万円、はつり工法の場合は30~50万円かかります。足場が要らない箇所では、少し安くなるかもしれません。
窓を丸ごと交換する場合、ペアガラスを使った樹脂性サッシにする人が増えています。北国で一般的なペアガラスは、外部から寒さを防ぐだけでなく、室内の暖かさも逃がしません。夏場もエアコンで冷やした空気を逃がしにくいため、省エネとなります。

ペアガラスへの交換の場合

サッシを換えずに、ガラスだけ換えることも可能です。透明ガラスからペアガラスにすれば、省エネ度合いを高められます。既存サッシの枠は一般的に厚みが9mm、それに対しペアガラスの厚みは最低でも12mmです。しかし、ペアガラスにはアタッチメントが付属しているので、一般的なサッシにも取付が可能です。また、9mmに抑えて製造しているメーカーもあります。
ペアガラスの本体価格は、平方メートル当たり2~4万円です。工事費は8千円ほどを想定しておくといいですが、交換箇所が多ければ工事費も少し値上がりします。

強化ガラスに交換する

ペアガラスは、透明ガラスと比較すると割れにくく、防犯性に優れています。しかし、もっと防犯性を高めたい場合は、強化ガラスへの交換も良案です。
透明ガラスと同じく透明ですが、強度は約3倍になります。厚さは幅広く、20mm近く厚みを持たせて制作することも可能です。5mm厚さで1平方メートル当たり1~2万円が目安です。工事費はペアガラス交換と同様に、8千円ほどを想定しておくといいでしょう。

二重サッシを取り付ける

一重サッシの家庭では、二重サッシにリフォームするのも、省エネ効果や防犯効果、防音効果を高めるのに有効です。
施工が簡単なので、窓枠のサイズを測りネット注文してDIYする人も珍しくありません。幅550~1000mmと高さ258~600mmの範囲でサイズを指定することができて、費用は1.5万円程度です。工事を頼む場合は、やはり8千円程度が目安となるでしょう。

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る