傷みやすいお風呂は早めのリフォームを!工事別費用の目安

お家の中でも風呂のような水周りは、いち早くリフォームの必要性を感じる箇所です。お風呂のリフォームに適した時期は、築20年と言われています。時間が経つにつれ、躯体の腐食やシロアリの被害に遭うリスクが高まっていきます。
ここではリフォームにかかる費用を、改装方法3パターンに分けて紹介していくので、参考にしてください。

在来工法からユニットバスに交換する場合の費用

多くの家庭ではユニットバスが取り付けられていますが、古い木造住宅で在来工法のお風呂を使い続けている場合もあるでしょう。在来工法は、そのスペースに合わせて完全オーダーメイドで造ったお風呂です。ですから、ユニットバスにリフォームする場合、スペースに合う規格サイズがなくて工事できない可能性はゼロではありません。
また、元々のお風呂よりも狭くなる可能性もあります。それは困ると言う場合、周りの空間を削って風呂場を広く確保することも可能です。

リフォームにかかる費用は、ユニットバス自体の費用と元来のお風呂の解体処分費用、各工事費用に大別できます。ユニットバスの費用は20~100万円、その取付工事費が8~13万円です。さらに電気工事費が3~5万円、給排水管工事費が5~9万円、解体処分費用は32万円が目安となっているので、単純に在来工法からユニットバスにリフォームする際にかかる費用は、68~159万円と考えておくといいでしょう。

ユニットバス交換にかかる費用

ユニットバスからユニットバスへの交換は、在来工法からのリフォームよりも安く済ませられます。元々のユニットバスを解体するといっても在来工法のようにタイルを1枚1枚剥がすような手間がかからないため、解体処分費用が10万円ほど安くなることが期待できます。ユニットバスの費用20~100万円と各工事費16~27万円、解体処分費約22万円を合わせて58~149万円が目安です。

通信販売でユニットバスを購入すると格安で入手できるものの、電気工事や給排水工事などは自分で手配しなければいけない場合もあります。一見お得に見えて、実際はリフォーム店などのパック料金の方が安かったというケースもあるので、しっかりと計算してください。この他、窓や換気扇、給湯器の有無も確認が必要です。

追い焚き機能付き給湯器へのリフォーム費用

マンションは、給湯器に追い焚き機能が付いていないこともあります。一人暮らしでないのなら、追い焚き機能があると便利です。
追い焚き機能付き給湯器の交換工事は、給湯器を交換するだけでなく、追い焚き用の配管を増設する必要があります。この配管に湯船のお湯を通して温めて、再度湯船に戻すことで、お湯を捨てずに温め直せます。不衛生に感じる人が多いため、近年の製品は追い焚き配管洗浄機能が付けられ、お湯の細菌を減らせるようになりました。

配管工事を含む給湯器交換にかかる費用は、30~60万円が目安です。一般的に、給湯器とバスルームの距離が遠いほど高くなります。
また、マンションだとコンクリート壁に穴を開ける必要が出てくるかもしれません。リフォームを考える前に、どういった規制があるのか、管理組合に確認するといいでしょう。

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る