家の中に仕切りを追加するリフォームの詳細

家のリフォームには色々な種類がありますが、その中の一つとして利用されているのが「家の中に仕切りを追加する」というものです。
これはライフスタイルの変化などを理由に検討する人が多いとされており、今回はそのリフォーム内容に関する詳細や費用に関して解説していきます。

仕切りを追加するリフォームのメリット

家の中に仕切りを追加するリフォームのメリットとしては、ライフスタイルに合わせた間取り作りをすることができる点が挙げられています。
例えば子育てをしている家庭の場合はリビングの一部に子供が遊べるような空間を作ったり、子供部屋を2人で利用するというケースがありますよね。このような間取りは子供の成長に伴って不要になったり、子供の数に合わせて部屋を作る必要が出てきます。
そのような時に仕切り壁などを使って仕切りを追加すれば、不要な空間を別の用途に使いやすくなるのはもちろん、部屋を増設する手間や費用を抑えることが可能です。

また仕切りを追加することで音や灯りを遮断することができるため、生活時間の異なる家族が同居していてもお互いのストレスを軽減することができますよね。ほかにも空調を調整するためや周囲の目に配慮するためなど、様々な用途で手軽にリフォームしやすくなっているところが仕切りを追加するリフォームのメリットかつ魅力とされています。

仕切りの壁紙は自由に選べるのか

追加することができる仕切りには色々な種類があり、壁のほかにも扉やカーテンなど用途や目的に合わせて選ぶことが可能です。
また仕切り壁もそうですが扉やカーテンにも多彩な形状やデザインのものが用意されているため、自宅の内装に合わせたり自分たちの好みに合わせたものを利用することができます。そのため壁紙に関してもリフォームを依頼する業者が取り扱っているものであればある程度自由に選ぶことが可能なので、事前にどのような壁紙を利用したいと思っているのか相談しておくことがおすすめです。

ただ、リフォーム業者によっては取り扱っている壁紙の種類が限定されている可能性があります。このため自分たちが選びたい壁紙がなかったり、思ったようなデザインのものが取り扱っていないということも少なくありません。
そのような場合は壁紙だけ別の業者で注文するか、DIYのように自分たちで壁紙を貼り付けるという方法もあります。

仕切りの防音性について

また仕切りを追加する時に重視されているポイントとして挙げられているのが、防音性です。
仕切り壁の種類によってはこの防音性が高いのかどうかが異なっているため、防音性を重視する場合は防音性が高い仕切りを利用する必要があります。例えば仕切り壁は完全に間取りを分割することができるので防音性が高いとされていますし、扉の場合は出入りをすることができますが扉を閉めた状態であればある程度の防音性が確保できますよね。逆にカーテンのような簡単な仕切りを利用すると防音性はほとんどないと言えるので、それぞれの特徴を踏まえて防音性がどうなっているのか考えることが大切です。

仕切りを追加するリフォームの費用

仕切りを追加するリフォームにどの程度の費用が掛かるのかは、仕切りを追加する範囲と仕切りに利用する種類によって異なります。
例えば室内を完全に仕切る範囲であれば、仕切り壁の場合は素材によって8万円から25万円程度かかると言われています。また仕切りガラスやドアであれば本体価格にプラスして10万円から20万円程度、カーテン類であれば本体価格にプラスして3万から10万円程度とこちらも利用する種類によって相場に差があるようです。
ほかにも仕切りとして利用するものによって費用が異なってきますが、基本的には仕切り壁以外は仕切りとして利用する本体の価格にプラスしてリフォーム費用が掛かってくる形となっています。”

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る